国宝を訪ねて 国宝建造物編bU−2

鑁阿寺(ばんなじ)

                            前の国宝再訪次の国宝訪問

山号・寺号 金剛山仁王院法華坊鑁阿寺
所在地 栃木県足利市家富町
起点駅・目安時間 東北新幹線小山駅・1時間
経路 JR両毛線足利市駅下車・徒歩15分
国宝建造物 1 本堂
国宝仏等 なし
その他の国宝 なし
お薦め度 ★★


国宝・鑁阿寺本堂

足利氏の氏寺

 真言宗大日派の本山。足利氏が氏寺とする密教寺院。
 平成25年に重文から国宝へと指定替え。

指定の経緯

 従前、天福年間(1234年頃)の建立との説もあり、指定がためらわれていた。というのも、禅宗様式は、鎌倉初期から中国よりもたらされたが、当時のものは再建等により現存せず、確認できる最も古いものは建長寺(1253年頃)と考えられており、天福説ではさらに古いこととなり、研究の進展がまたれていた。そんな中、2009年の修繕の際、再建年次が正中元年(1299年)であることが判明し、それでも円覚寺舎利殿、正福寺等より古い禅宗様式建物であること等から指定に至った。

禅宗様

 では、その禅宗様式とは、一体どのようなものか?
鎌倉時代から室町時代初期にかけて多く用いられた寺院の建築様式であり、その特徴としては、裳階(もこし)や、土間があること、貫(ぬき)を用いていること、天秤、海老虹梁(えびこうりょう)等の組物が用いられていること、等である。
 特に軒下の組物には、注目したい。

近くの国宝

 この寺に隣接して日本最古の学校と言われる足利学校がある。
 足利学校には、宋の時代に刊行された、「宋刊本文選」等4件の国宝書籍が所蔵されているが、残念ながら、公開はされていない。

                            前の国宝再訪次の国宝訪問


国宝建造物編
8エリア  → 
関東・東北エリア 東海・北陸エリア 滋賀エリア 京都エリア
奈良エリア 大阪・和歌山・兵庫エリア 中国地方エリア 九州・四国エリア
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home

copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved