国宝を訪ねて 国宝建造物編86

桜井神社

                            前の国宝再訪次の国宝訪問

名称 桜井神社
所在 堺市片蔵
起点駅・目安時間 新大阪駅・1時間20分
経路 御堂筋線中百舌鳥乗換,泉北高速鉄道泉ヶ丘駅・タクシー
国宝建造物 1 拝殿
国宝彫刻等 なし
その他の国宝 なし
お薦め度 ★★

ニュータウンに囲まれた国宝

 泉北ニュータウンに囲まれて,緩やかな丘が少し落ち込む辺りに,この神社はある。まるで開発を拒む一人暮らしの老婆のように鎮守の森に覆われて,ひっそりと佇む。
 神社ではあるが,正面には山門が佇立する。そこから,朱塗りの拝殿をとおしてわずかに本殿がのぞまれる。
 山門からはいかにも大きな杜のように思われるが,後ろに裏に回ると竹林はすぐに小さな川に阻まれて神域は意外と狭い。しかし,それを感じさせないように木々が鬱蒼とした杜を造っている。

 境内は狭く,昔,どこにでもあったあの椎の実を拾った社のようである。ありふれたこのような森に国宝があるのが不思議なほどである。

風変わりな国宝

 本殿の前の,その位置からすると恐らく拝殿にあたる場所に,神社ではおよそ見たこともない建物が建っている。
 それが,国宝・拝殿である。拝殿は,色こそ壁が白塗り,構造材が朱塗りと,神社の要件はある程度備えているが,その外観は,これが神社かと疑いたくなる程不思議な形をしている。
 まず神社でありながら瓦葺きである。このような神社は他に類例が無い。さらに装飾に蟇股が見られるなど寺院建築の手法が随所に施されていて,建築面における神仏混交の一つの現れと言っても過言ではない。

 また,建物の中央が土間となっていて,そこを通り抜けることができる割拝殿の形式をとっている。
 その通路から天井を見上げるとこれまで見たこともない光景が広がる。 

国宝・桜井神社拝殿正面
ななめ前方から見たところ。
正面から拝殿内部をとおして本殿を見たところ。
本殿。

                            前の国宝再訪次の国宝訪問


国宝建造物編
8エリア  → 
関東・東北エリア 東海・北陸エリア 滋賀エリア 京都エリア
奈良エリア 大阪・和歌山・兵庫エリア 中国地方エリア 九州・四国エリア
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home

copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved