国宝を訪ねて 国宝建造物編96

一乗寺

                            前の国宝再訪次の国宝訪問


国宝・一乗寺三重塔

山号・寺号 法華山一乗寺  
所在 兵庫県加西市坂本町
起点駅・目安時間 姫路駅・3時間  レンタカーの場合1時間
経路 姫路駅からバス,但し一日に3本
国宝建造物 1 三重塔
国宝彫刻等 なし
その他の国宝 1 絵画(観覧不可)
公開情報
お薦め度 ★★

法道仙人伝説

 紫雲にのって中国からやって来た伝説の僧,法道仙人。この一乗寺はその仙人の開基の一つであるが,この仙人には様々な超能力伝説が残っている。
 その一つに,山上の寺から眼下の瀬戸内海を通る船に鉢を飛ばし,船主にいくばくかの喜捨を求めたところ,拒まれる。仕方なしに鉢を戻したところ,船から勝手に米俵がその鉢の後を追ってついてきて寺に山積された,というものがある。

 密教呪術に対する庶民の憧れがこの話を生んだのだろうが,実はこの仙人相当人気があるようで,播磨一帯に60あまり,少し範囲を広げると100にも達する寺がこの仙人を開祖と伝えているという。
 役行者のような役回りであることやその年代,時代からすると全国各地で盛んとなった山岳密教の行者集団がこの一乗寺を中心に活動し,その結果,その集団が崇める法道上人を開基とする寺院が沢山建立されたと考えられる。

斜面に建つ三重塔

 国宝三重塔は岩盤を削りだした亀腹の上にその優美な姿を乗せている。階段を少し上ると大きな相輪,そして三層の深い軒が眼に入り,やがて全容が明らかになる。
 屋根の反りが美しい。塔は,急斜面の僅かな平地に岩盤を見い出し背後の本堂の位置を計算して建てられている。

 伽藍の多く,殊に塔は上方から見下ろすと一段と美しい。ここ一乗寺の三重塔はこれが可能な数少ない塔の一つである。本堂の改修も終了したので、崖に迫り出したその舞台からから見下ろした姿が見られる。

              
日溜まりの崖に微睡む(まどろむ)三重塔 (秋雨)

石段の下から見上げる。

古法華(ふるぼっけ)自然公園

 近くには日本最古の石仏が安置される古法華自然公園がある。しかし,なぜか石仏というのに収蔵庫の中に大切にしまってある。
 それも,それまで奈良の博物館に寄託され公開されていたものをわざわざ郷土の誇りとばかりに返還を受け,ご丁寧にも収蔵庫にしまい込んだようだ。
 絵画や書跡ならともかく,野ざらしにしないまでも石仏は公開しないのはおかしいのではないか。

 この石仏を記念して小高い山の中腹に公園を造り,新作の羅漢さんや地蔵が並べられていてなかなかよいところ。
 それだけに,せっかく行ってもメインの石仏にご対面できないのは残念である。

                            前の国宝再訪次の国宝訪問


国宝建造物編
8エリア  → 
関東・東北エリア 東海・北陸エリア 滋賀エリア 京都エリア
奈良エリア 大阪・和歌山・兵庫エリア 中国地方エリア 九州・四国エリア
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home

copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved