国宝を訪ねて国宝建造物編112

功山寺

                            前の国宝再訪次の国宝訪問

山号・寺号 功山寺
所在 下関市長府川端
起点駅・目安時間 新下関駅・50分
経路 下関駅行きバス20分唐戸乗換えバス15分
国宝建造物 1 仏殿
国宝彫刻等 なし
その他の国宝 なし
お薦め度 ★★★★


  

国宝・功山寺仏殿

バス停・城下町長府

 「城下町長府」という名の海沿いのバス停から,山の手を目指して商店街を5分ほど進むと穏やかな坂が始まる。そのあたりから町並みは一変し,かつての武家屋敷街を思わせる長い土塀をもつ高級住宅街となる。それぞれの家の敷地は広く,築地塀越しに手入れの行き届いた木々が見え隠れする。その土壁が尽きる頃,毛利家屋敷跡があらわれ大きく左にカーブを切ると目指す功山寺の山門にたどり着く。

 こじんまりとした寺を想像していたが,なんとも堂々とした威厳に満ちた寺の様である。通りに面した山門からは落ち葉の積もった石段がはじまり,その奥は森厳な森への連なりを予感させる。

土塀に囲まれた屋敷が緩やかな坂道に沿って続く。
この小径の両側は驚いたことに全て民家である。

幕末の功山寺

 

 石段を登り始めるとやがて山門の内側の四角いファインダーには反り上がった鋭角の屋根の端が見えてくる。
 期待は一気に高まるが,石段を登りきりその全貌を目にしたとき期待は裏切られることがなかったと分かる。国宝という名に値する数少ない仏殿である。
 屋根全体の形象は,円覚寺舎利殿と同様であるが,実に大きい。仏殿の中ではかなり大きい方だ。

とおりに面した山門である。
 三門(中門)に色づき始めた楓がかかる。この先に国宝仏殿が佇む。
 風格ある三門だ。その奥に仏殿の屋根らしき反りが見える。
境内は2段になっている
どこからみても隙がない。
組物と反りが美しい。

七卿落ち

 広く急な石段を下りる時,その昔,都から落ち延びた7人の公家に謁見し,ここで挙兵した若き高杉晋作のたぎる血潮を,ふと思い返す。
 幕末,この寺は,長州の尊皇攘夷派の拠点であった。そのころ,都から逃れた7人の公家の内,5人が数ヶ月間ここに逗留する。世にいう「七卿落」である。

 七卿落とは,源平盛衰記を原典とした謡曲「七騎落」からのネーミングである。
 平氏に追われ敗走する頼朝は,いつしか主人,従者の計八騎が生きのびたことに気付く。源氏の歴史の中では,かつて8騎で敗走し,好ましくない結果を生じさせたことが2度あった。
 頼朝は縁起が悪い,として一人減らし,7騎にせよと従者に命ずる。従者は,泣く泣く我が子を船から振り落とす。

高杉晋作の挙兵

 晋作は,5人の公家に謁見後,この功山寺で奇兵隊を挙兵する。
 開国か攘夷か,倒幕か,この時代を駈け抜けるようにして生き抜いた若者達を描いた林房雄の傑作に「青年」があるが,現在,入手は困難である。

 三好徹・学研M文庫,山岡荘八・講談社歴史文庫等も「高杉晋作」を語るが,大部であったり,あるいは文学性に欠ける作品が多く,想像を交えた出来事が淡々と語られるだけであり,あまりお薦めできない。

子午線の祀り

 唐戸から巧山寺に向かう途中に,安徳天皇を祭る赤間神社がある。そこを過ぎると程なく海峡をまたぐ山陽自動車道の巨橋が現れる。その橋脚の辺りに壇ノ浦古戦場跡の碑がある。ここが安徳天皇が三種の神器とともに沈んだ平家最終の地壇ノ浦である。
 眼前には川のように流れる海がある。自動車道の橋脚があることでも知れるように海峡となっている。向かいは門司だ。
 この九州と本州との間の瀬戸の流れは,時間によって方向と速度を変えるという。源平最後の戦いは,両軍とも月の引力が地球に最も強力に作用するその時を計算の上仕掛けられた。
 木下順二「子午線の祀り」(岩波文庫)は,平家物語をもとに義経と知盛の戦いを,天空のはるか無限の彼方に横たわる子午線の下,たまゆらな人間が繰り広げる争いとして描いた戯曲。
 義経に一の谷,屋島を追われた知盛は,幼い安徳天皇と三種の神器を奉じてさらに西海に逃れ壇ノ浦(現下関市)に布陣する。この辺りは,潮流がきつくかつ行き戻りする海上戦を得意とする平家軍には有利な地であるが,さらに万一形勢が不利になればさらに西に朝鮮半島までも逃れられるという絶好の地でもあった。
 この地に佇むと,眼前を赤,白それぞれの籏を靡かせて千艘にも及ぶ兵船が,流れに乗って弓を交える合戦絵巻が目に浮かんでくる。

城下町ベストテン

 長府は城下町のおもかげが色濃く残された町である。
 昔の町並みが印象に残る町としては,萩,唐津,知覧,角館等があげられるが,長府の町並みもこれらに決して引けをとらない美しい町並みである。
 「城下町ベストテン」の企画があれば,入賞するのではないだろうか。

                            前の国宝再訪次の国宝訪問


国宝建造物編
8エリア  → 
関東・東北エリア 東海・北陸エリア 滋賀エリア 京都エリア
奈良エリア 大阪・和歌山・兵庫エリア 中国地方エリア 九州・四国エリア
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home

copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved