工場の仕事って何があるの?タイプ別工場の仕事おすすめ3選

工場での仕事について

工場の仕事と一口に言ってもその業務内容は多岐にわたります。良く求人などで見かけるのは組み立てや検査・ラベル貼り・仕分け作業などです。経験によってはより専門的な業務ができる場合もあります。そこで、工場の仕事をタイプ別に分け、どういった人におすすめなのかをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

コツコツと作業できる人はライン業務

ライン業務とは、ベルトコンベアーに流れてくる部品を加工したり、検品したりする業務のことです。同じ作業をずっと繰り返すことになるので、比較的早く仕事を覚えられます。ただし、同じ作業を延々とやるため人によってはモチベーションが上がりづらいです。コツコツと同じ作業を繰り返せる人は、そうしたモチベーションの低下も少ないのでライン作業も続けられることでしょう。

設計に携わりたいならCADオペレーター

CADとは、パソコンで設計を行うソフトウェアです。CADで作った製図をもとに、工場で製品が作られていきます。CADを用いて働きたい場合、業務経験を必要とする企業もあるので事前に調べておきましょう。CADの技術は、独学でも学べますが、スクールを利用する方がより理解しやすいのでおすすめです。

機械が好きな人はマシンオペレーター

マシンオペレーターとは、工場内の機械の操作・管理する人のことです。ライン業務より作業はより複雑になり、機械へのプログラミングをしたり、機械のメンテナンスをしたりすることも業務に含まれます。慣れてくれば多くの機械に関わることができることもあるので、機械好きな人にはぴったりの仕事です。

遠方で仕事を探す際にとても便利なのが寮のある求人です。寮付きの求人は寮費はいくらか、光熱費はどれくらい負担すべきかをきちんと把握しておくことも大切です。