国宝仏編№26

国宝を訪ねて

元興寺

元興寺案内

山号 元興寺
所在地 奈良市芝新屋町
起点駅・目安時間 新幹線京都駅から1時間10分
経路 JR・近鉄奈良駅から徒歩
国宝建造物   3(ただし元興寺極楽坊 国宝建造物編№69
国宝仏 薬師如来立像 1件1軀
その他の国宝 なし
秘仏・公開 奈良国立博物館常設展示

元興寺の国宝仏1件

仏像名 安置場所 備考
薬師如来立像 奈良国立博物館 1軀

元興寺の歴史

 蘇我馬子が建立した飛鳥寺が平城京遷都とともに元興寺と名を変えて奈良に移転してきました。その後,南都七大寺の一つとして隆盛を誇ることになりますが,蘇我氏の没落とともに寺運は衰退します。ただ,宿坊であった極楽坊だけが独立して、元興寺極楽坊と称し法灯を継ぐことになり,今日に至っています。
 残された元興寺そのものは、元興寺極楽坊の南へ数分下ったところにその跡があるだけですが,往時を偲ぶには、わずかに観音堂と五重塔の礎石をよすがとするしかありません。

薬師如来立像

 平安初期の檜(榧とも)の一材から彫りだした一木彫像の逸品です。
 ふくよかな体躯とY字形の衣文は唐招提寺の工人の作風と類似しています。内刳りが施されていますが,それを覆っていた背板がありません。
 なお,この像は奈良国立博物館に寄託され,現在常設展で公開中です。

← 前の国宝仏 次の国宝仏 →

国宝仏編4ゾーン 東日本ゾーン 京都ゾーン 奈良ゾーン 西日本ゾーン
様々な仏達 仏の特徴・見分け方 仏師とその時代 仏像の造られ方 秘仏巡礼

国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home

copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved