国宝仏編№29

国宝を訪ねて

新薬師寺

 たびびとに ひらくみどうの しとみより
     めきらがたちに あさひさしたり

会津八一・南京新唱

新薬師寺案内

山号・寺号 日輪山新薬師寺
所在地 奈良市高畑町福井
起点駅・目安時間 新幹線京都駅から1時間30分
経路 JR・近鉄奈良駅からバスと徒歩
国宝建造物  1(国宝建造物編№67) 
国宝仏 薬師如来坐像等 2件12軀
その他の国宝 なし
秘仏・公開 公開

新薬師寺の国宝仏2件

仏像名 安置場所 備考
薬師如来坐像 本堂 1軀
十二神将立像 11軀

新薬師寺の歴史

 聖武天皇の眼病回復を願い光明皇后が発願して747年に建立された寺です。しかし,相次ぐ火災等で金堂等を焼失して,かつての食堂を本堂として現在に至っています。
 新薬師寺のある高畑あたりは,都市化が進行する奈良にあってもわずかに天平の情緒が残されているようですが,驚いたことに、この寺の周辺には、藤原広嗣本人をはじめ、藤原広嗣の乱の関係者である僧玄昉、吉備真備らにまつわる様々な遺構が集まり、歴史的には決して長閑な田園地帯とは言えないようです。

藤原広嗣の乱

 この乱は,藤原広嗣が,藤原氏の勢力挽回のためにその頃政治の中心にいた僧玄昉、吉備真備らを除くべく太宰府で挙兵したものです。
 藤原広嗣は、聖武天皇の治世,統治に異を唱えた、聖武天皇にとってはいわば政敵ですが,どういう訳か、藤原広嗣、僧玄昉、吉備真備の三者に関連する社、塚(墓)、住居跡等の遺構が、しかも聖武天皇のために建立されたはずの巨大伽藍新薬師寺の境内に集中しているのです。
 これが意味するところは、論者によって様々ですが、偶然の一致,とするにはあまりに集まりすぎています。
 一つの考えとして次のようなものがあります。
 広嗣の祟りとして、僧玄昉の遺体がバラバラとなり降り注いだ七つの地にそれぞれ塚が祀られたが、その辺りに広嗣の怨霊封じのために彼を祀った鏡神社を建立し、さらに広嗣の乱後も陰陽師として勢力を振るった吉備真備の住居を付近にも配した。しかし、それだけでは足らず,封じ込めを確実なものとするために駄目押し的に新薬師寺を建立した、とするものです。
 僧玄昉と彼を寵愛した光明皇后との関係を考えると、まことしやかな説と思われますが,後日の研究に待つことになります。 

本堂内の諸尊

 本堂内部は、その中央に本尊薬師如来1軀を安置し,その廻りを十二神将が取り囲むという極めて特異な配置となっています。

薬師如来坐像

 差し出された手の先から,頭,膝まで全体が榧材の一木から丸彫りされています。聖武天皇の眼病平癒を祈願して造られたためでしょうか,目が異様に大く造られています。
 ふくよかな体躯からは奈良時代終わり頃の軟弱な作風から決別したことがハッキリ見て取れますが,古風な裳懸座に座っています。
 本像の特筆すべき点は,何と言っても全部が丸彫りされているというところでしょうが,当初から彩色の施されない素地仕上げにより,鎬立つ刀の鮮やかな技術がいかんなく発揮されています。

七仏薬師信仰

 七仏薬師信仰は、薬師に病気平癒を願う際、薬師の数が多いほど願いが叶うと考えられたのか文字通り七つの薬師仏を祀るのですが,仏像として、それらが独立して七体と数えられる作例は,千葉・松虫寺、滋賀・鶏足寺等のそれが知られるぐらいで多くは薬師如来の光背に六仏あるいは七仏の化仏を配置するものとなっています。
 新薬師寺の薬師如来も宝相華の葉をかたどった光背に六仏が配されています。

十二神将立像

 天平時代製作の十二神将立像が本尊を取り囲み警護しています。すざましいばかりの忿怒の形相には感動すること請け合いです。しかし,12軀のうち宮毘羅大将1軀は昭和年代の後補であり,国宝には指定されていません。
 また,婆娑羅(バサラ)は,500円切手の絵柄に採用されているお馴染みの顔です。

この国宝仏のここを見る

ここは,やはり何と言っても十二神将のうち1軀が昭和の後補という点に注目すべきでしょう。すなわち,後補であるが故に国宝に指定されていない宮毘羅大将を12軀の中から探し出すことができるかにより,仏像に対する審美眼,というか骨董に対する「目利き」か否かが試されると思います。
 この試験実に簡単明瞭、十二神将の名札を見ずにその周りぐるぐる周り,宮毘羅大将1軀を見いだすことです。見つかれば,賞品こそ出ませんが,大したものだと自負できます。

幻の国宝 wontted!

 この薬師寺には、かつて香薬師(こうやくし)という小像が祀られていました。国宝級のその像は、昭和18年盗難に遭いようとしてその行方が知れません。
 表題歌の歌人会津八一は、その頃は祀られていた香薬師を拝して

 みほとけの うつらまなこに いにしえの やまとくにばら かすみてあるらし
 
 と詠んでいます。
慈愛に満ちたその瞳を「うつらまなこ」と表現したのでしょう。
 それにしても香薬師、どこかの土蔵にて、何を想うこともなくあたりを観察しているのでしょうか?

← 前の国宝仏 次の国宝仏 →

国宝仏編4ゾーン 東日本ゾーン 京都ゾーン 奈良ゾーン 西日本ゾーン
様々な仏達 仏の特徴・見分け方 仏師とその時代 仏像の造られ方 秘仏巡礼

国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home

copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved