国宝情報編
国宝を訪ねて 
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
国宝情報編
8ジャンル
国宝最新情報 美術館で国宝を ピッタリ探訪日・行くならこの日だ
豊かな旅にする本 国宝秘話と悲話 日本史のおさらい 宗教のおさらい


国宝最新情報

                            最終更新日 2014/5/29

 このコーナーでは,最近指定された国宝の他、修繕情報等を紹介しています。

2014年度国宝指定答申

文化審議会は、3月、茅野市尖石縄文考古館所蔵の土偶、通称「仮面の女神」を国宝に指定するよう、また、5月西本願寺御影堂、阿弥陀堂も国宝に指定するよう文科相にそれぞれ答申しました。

2013年度国宝指定答申

文化審議会は足利市の鑁阿寺を国宝に指定するよう文部科学相に答申しました。

2012年度国宝指定答申等3件

 文化審議会は、4月、晋悦作の仏教絵画「阿弥陀三尊像」1件、山形県西ノ前遺蹟出土の土偶「東北のビーナス」1件それぞれを国宝に指定するよう文部科学相に答申しました。
 文化審議会は、5月、埼玉県熊谷市所在の歓喜院聖天堂を国宝に指定するよう文部科学相に追加答申しました。
 これらのうち、歓喜院聖天堂が7月末までに国宝に指定されています。 
 これにより7月末現在、国宝指定を受けた件数は、建造物217件,絵画158件,彫刻126件,工芸品252件,書跡・典籍223件,古文書60件,考古資料44件,歴史資料3件の合計1083件となりました。

2010年度国宝指定4件

建造物の部として赤坂迎賓館及び久能山東照宮が、古文書の部として越中国射水郡鳴戸村墾田図、歴史資料の部として伊能忠敬関係資料がそれぞれ国宝に指定され官報により公告されました。
 これにより国宝指定を受けた件数は、建造物216件,絵画158件,彫刻126件,工芸品252件,書跡・典籍223件,古文書60件,考古資料44件,歴史資料3件の合計1082件となりました。
 なお、彫刻の部において、東大寺法華堂の不空羂索観音立像の八角基壇及び同執金剛神立像の厨子が各々の像のそれぞれ附けたりとして国宝に追加指定されました。 

2009年度国宝指定2件

 絵画の部および考古資料の部それぞれ1件ずつ指定がなされました。絵画の部は、与謝蕪村筆「紙本墨画淡彩夜色楼台図」です。
 考古資料の部は、青森県八戸市風張遺跡出土の「合掌土偶」です。
 これにより国宝指定を受けた件数は、建造物214件,絵画158件,彫刻126件,工芸品252件,書跡・典籍223件,古文書59件,考古資料44件,歴史資料2件の合計1078件となりました。

2008年度国宝指定

 熊本県人吉市の青井阿蘇神社が国宝に指定され6月7日の官報に公告されました。
 また、島根県雲南市の加茂岩倉遺跡出土の銅鐸39個が考古資料として国宝に指定され7月10日の官報に公告されました。
 その結果,建造物を除く国宝は,絵画157件,彫刻126件,工芸品252件,書跡・典籍223件,古文書59件,考古資料43件,歴史資料2件(合計862件)となりました。建造物の214件と併せて国宝指定数は、全部で1076件になりました。

2007年度(平成19年度)国宝指定

 文化審議会(石澤良昭会長)は北海道函館市著保内野(ちょぼないの)遺跡の土偶を国宝に指定するよう伊吹文部科学相に答申しました。この答申を受け,6月8日に官報公告され考古資料として国宝に指定されました。
 これにより北海道では初の国宝が誕生しました。

2006年度(平成18年度)国宝指定

 次の3件が新たに国宝として指定されました。
なお,所在地としては,福岡県平原方形周溝墓出土品は収蔵地の関係から東京都,琉球国王尚家関係資料は沖縄県として,それぞれカウントされました。

国宝指定・考古資料と歴史資料

 考古資料として重文の福岡県平原方形周溝墓出土品が,歴史資料として同じく重文の琉球国王尚家関係資料がそれぞれ国宝に指定されることとなりました。 

国宝指定・建造物

 文化審議会(会長阿刀田高)は東大寺二月堂を国宝に指定するよう中山文部科学相に答申し,それをうけて文部科学省は東大寺二月堂を国宝に指定しました。
 その結果,東大寺(正倉院を含む)では9棟目の国宝建造物となり,これにより,国宝建造物は213件,257棟となりました。

2005年度(平成17年度)国宝指定

2005年6月
和歌山熊野速玉大社の大神座像他3躯が国宝指定を受けました。

2004年度(平成16年度)国宝指定

2004年6月
 中尊寺金色堂内の阿弥陀如来他31躯が一括して国宝に指定されました。
 また、雪舟の人物画の代表作、「慧可断臂図」(えかだんぴず・愛知県常滑市・斉年寺蔵)が重要文化財から国宝へと指定変更されました。

 さらに、岐阜県揖斐郡大野町・来振寺所蔵の絹本着色五大尊像が重要文化財から国宝へと指定変更されました。
 2004年12月には、長谷寺本堂(奈良県桜井市)が国宝に指定されました。

国宝情報編
8ジャンル
国宝最新情報 美術館で国宝を ピッタリ探訪日・行くならこの日だ
豊かな旅にする本 国宝秘話と悲話 日本史のおさらい 宗教のおさらい
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved