その他の国宝編 
国宝を訪ねて 
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
その他の国宝編 東日本ブロック 中部ブロック 京都・奈良ブロック 西日本ブロック
その他の国宝編
6ジャンル
絵画 工芸品(梵鐘・陶器類・その他) 書跡・典籍
古文書 考古資料 歴史資料
   次の国宝訪問 →

函館市縄文文化交流センター

名称 函館市縄文文化交流センター
所在地 北海道函館市臼尻町
起点駅・目安時間 函館駅・レンタカー60分
経路 函館市役所南茅部支所から国道278号バイパスすぐ
国宝建造物 なし
国宝仏 なし
その他の国宝 1 中空土偶 
公開情報 常設展示
お薦め度 ★★


  


函館市縄文文化交流センター

        

 国道278号バイパスにある道の駅「縄文ロマン南かやべ」に併設された北海道で初の国宝を展示する博物館。ここでは、北海道の縄文時代を特徴づける近在の遺蹟からの出土品が展示され、この地方の縄文人の暮らし、生活、文化を学ぶことのできる。

考古資料1件

中空土偶

 茅部町に住んでいた開拓民がトウモロコシ畑から偶然掘り出した。小学生の娘に見せると学校で習った埴輪ではないかと先生に鑑定を依頼。世紀の大発見に地区内は騒然となり、すぐさま、予備調査が始まることになる。

愛称はカックー

 この土偶には、公募でつけられた愛称がある。それがカックーである。この名は、この土偶を出土した地区が川汲(かっくみ)であったところから採用されたのだろうが、愛称からもこの土偶の持つ暖かさが伝わってくるようだ。

ドライブ

道の駅「縄文ロマン南かやべ」へは、道道83号を使うと近道である。函館に戻るには国道278号を利用するのも良い。恵山の山並みとボールプールのような色とりどりのブイが浮かべられた海岸線が絶景である。

   次の国宝訪問 →
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
その他の国宝編 東日本ブロック 中部ブロック 京都・奈良ブロック 西日本ブロック
その他の国宝編
6ジャンル
絵画 工芸品(梵鐘・陶器類・その他) 書跡・典籍
古文書 考古資料 歴史資料
copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved