その他の国宝編 
国宝を訪ねて 
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
その他の国宝編 東日本ブロック 中部ブロック 京都・奈良ブロック 西日本ブロック
その他の国宝編
6ジャンル
絵画 工芸品(梵鐘・陶器類・その他) 書跡・典籍
古文書 考古資料 歴史資料
  ← 前の国宝再訪 次の国宝訪問 →

智積院

山号・寺号 仏頭山智積院
所在地 京都市東山区東山七条
起点駅・目安時間 京都駅・20分
経路 バス東山七条下車・徒歩3分 
国宝建造物 なし 
国宝仏 なし
その他の国宝 3 智積院障壁画他
公開情報 収蔵庫にて一部観覧可。残りは特別展で観覧可。
お薦め度 ★★★★★

智積院のこと

 真言宗智山派の総本山。かつて,紀州根来山の大伝法院に属していたが,秀吉が「根来攻」を挙行した際,その諸堂が焼かれる。逃げ延びた玄宥がこの地で堂宇を構え,中興の祖と呼ばれるまでに整える。その後,秀吉から土地の寄進を受け現在の結構が定まる。

絵画2件

智積院障壁画

 松,桜,楓などが25面に描かれる。豪華で優美な世界が京都駅からすぐのところでひろがる。

 まるで死を予感していたかのような幽遠な桜が,等伯の長子久藏により描かれる。桜図襖である。その後しばらくして,久藏は26歳の若さでこの世を去る。
 その後,我が子の彷徨える魂を追悼するかのように朱の艶やかな楓が,父等伯により描かれる。楓図襖である。
 父子の情愛がこの絵を通して,しかも現在までも交流しているかのようであり,行方定まらぬ二人の姿が見え隠れする様でもあり、しかも鬼気迫る作品となっている。
 その斬新,大胆な構図は,後世の尾形光琳らに対し多大な影響を与えたことは疑いない。

松に草花図

 2曲屏風。松の巨木の下に芙蓉,ススキ等の秋草が描かれている。華麗な桃山時代の雰囲気を伝える長谷川等伯製作の襖絵。

闇の絵巻

 この等伯,久蔵親子を主人公にした小説に澤田ふじ子「闇の絵巻上・下」(徳間文庫)がある。
 これは,御用絵師として確実な地位を固めつつあった狩野派一門とその牙城をゆるがす勢いで頭角を現し始めた長谷川等伯一門との天下一絵師としての名誉をかけた争いの物語。
 絢爛豪華そして大胆な構図で一世を風靡した狩野派とその作風を取り入れつつも幽寂枯淡といった山水画の原点にゆりもどす長谷川一門,この二つの門派を対比させながら,現存する実画を素材として作者の的確な絵画評が随所に配される。両派の画業に対する作者の審美眼には敬服せざるをえないが,物語の運び方そのものは,氏の他の作品にも共通するが、等伯,久蔵親子に刺客を差し向けるといったはなはだ飛躍のある話となっていたり,安易な符合が多いこともあって,決して満足のいくものではない。
 もっとも,久蔵の死には、その死因に不自然なところもあり,狩野派により殺害されたとの説も有力ではある。 

書跡・典籍1件

金剛経

 南宋の書家・張即之の筆になる金剛経。鎌倉時代の禅僧の書風に大きな影響を与えた。

  ← 前の国宝再訪 次の国宝訪問 →
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
その他の国宝編 東日本ブロック 中部ブロック 京都・奈良ブロック 西日本ブロック
その他の国宝編
6ジャンル
絵画 工芸品(梵鐘・陶器類・その他) 書跡・典籍
古文書 考古資料 歴史資料
copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved