その他の国宝編 
国宝を訪ねて 
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
その他の国宝編 東日本ブロック 中部ブロック 京都・奈良ブロック 西日本ブロック
その他の国宝編
6ジャンル
絵画 工芸品(梵鐘・陶器類・その他) 書跡・典籍
古文書 考古資料 歴史資料
  ← 前の国宝再訪 次の国宝訪問 →

    漬け物桶に 塩ふれと
             母は産んだか

尾崎放哉

知恩院

山号・寺号 華頂山知恩教院大谷寺
所在地 京都市東山区林下町
起点駅・目安時間 京都駅・30分
経路 バス知恩院前徒歩
国宝建造物 2 本堂・三門 (国宝建造物編bS6−2
国宝仏等 なし
その他の国宝 5 阿弥陀二十五菩薩来迎図他 
公開情報 京都・奈良博物館に寄託中
お薦め度 ★★

知恩院のこと

 浄土宗の総本山。法然の寺。
 法然は吉水の地で草庵をあみ,浄土教を広めた後,現在の勢至堂(知恩院の最奥辺りの御堂)付近で入寂。弟子がそこに廟堂を建て祀るが,比叡山山門衆徒に破壊される。その後,遺骸は嵯峨,粟生野等に転々とし,再び現在地に戻る。

絵画2件

阿弥陀二十五菩薩来迎図

 約150センチ四方とやや大きめの仏画。阿弥陀が25菩薩を率いて雲に乗り浄土から地上に迎えに来る。構図は,左上から右下に,天上から一気に降りてくる様がスピード感あふれる筆致で描かれる。すばらしいの一語に尽きる。
 京都博物館で時折展示されるので見逃さないようにしたい。

法然上人絵伝

法然の布教姿等を描く絵巻物。全48巻。200を超える場面から構成される。当時の生活様式を知るうえで貴重な資料。

書跡・典籍3件

上宮聖徳法王帝説

  聖徳太子は果たして実在したのか,実在はしても,太子の様々な業績は後世に捏造されたものではないか。すなわち,それらしい人物はいても,特筆すべき業績はないが,祭り上げられ「聖徳太子」になったのではないか,一部で物議を醸している。
 この上宮聖徳法王帝説には、聖徳太子の伝記や太子にまつわる事績が豊富に収録されていて聖徳太子の実像を知る上での極めて貴重な資料。しかし、この書籍の信憑性には疑問が多く出されている。

菩薩処胎経

 西魏の時代に菩薩処胎経を写経したもので,伝世の写経としては世界最古のもの。

大楼炭経(だいろうたんきょう)

 大楼炭経には天上地上の全世界の生起を記した経典。その大楼炭経が唐時代に写経されたもの。

尾崎放哉

 尾崎放哉「尾崎放哉随筆集」(講談社文芸文庫)東京帝国大学を卒業後将来を嘱望され朝鮮等でエリート社員として保険会社に勤務するも酒に溺れて退社。その後は,当てのない放浪を繰り返し,小豆島の丘の上にある寺に安住の地を見つける。波の音を聞きながら41歳の短い生涯を閉じる。
 尾崎の思いつきをそのまま句にした自由律詩は山頭火のそれとと双璧をなす。
 放浪の時代,放哉は知恩院の塔頭「常称院」に寺男として一時身を寄せる。表題句はその時詠まれたもの。
 常称院は,華頂学園の前あたりにある。

  ← 前の国宝再訪 次の国宝訪問 →
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
その他の国宝編 東日本ブロック 中部ブロック 京都・奈良ブロック 西日本ブロック
その他の国宝編
6ジャンル
絵画 工芸品(梵鐘・陶器類・その他) 書跡・典籍
古文書 考古資料 歴史資料
copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved