その他の国宝編 
国宝を訪ねて 
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
その他の国宝編 東日本ブロック 中部ブロック 京都・奈良ブロック 西日本ブロック
その他の国宝編
6ジャンル
絵画 工芸品(梵鐘・陶器類・その他) 書跡・典籍
古文書 考古資料 歴史資料
  ← 前の国宝再訪 次の国宝訪問 →

延暦寺

山号・寺号 比叡山延暦寺
所在地 滋賀県大津市坂本本町
起点駅・目安時間 京都駅・1時間
経路 JR湖西線比叡山坂本駅もしくは京阪石山坂本線坂本駅からケーブルまたは京都駅からバス。
国宝建造物 1 根本中堂(国宝建造物編bQ5
国宝仏 なし
その他の国宝 9 金銅経箱他 
公開情報 国宝殿にてその多くを公開
お薦め度 ★★★

延暦寺のこと

 最澄が開いた天台宗の総本山。
 天台宗にとどまらず日本仏教界の総本山的な地位にあるが国宝に指定された文化財の数は意外に少ない。信長による焼き討ちが壊滅的な打撃を与えたものと思われる。 

工芸品3件

金銅経箱他

 横川如法堂跡より出土したもの。道長の娘彰子の自筆書写した法華経が入っていたと伝えられる。末法思想が蔓延していた頃,経文を土中に埋め極楽往生を願うことが流行していた。

七条刺納袈裟刺納衣

 随,唐代の僧侶の法衣。最澄が持ち帰ったもの。

宝相華蒔絵経箱

 浄土に咲く想像上の草花,宝相華。その唐草文様が研出蒔絵(とぎだしまきえ)の手法で表現されている。

書跡・典籍2件

六祖恵能伝

 禅の開祖達磨大師から数えて六代目の大師恵能の伝記。最澄が唐から持ち帰ったものの一つ。

嵯峨天皇宸翰光定戒牒

 嵯峨天皇が受戒をすませた光定に対して送った祝いの書。宸翰(しんかん)とは,天皇の直筆の書のこと。 
 なお,嵯峨天皇は三筆の一人。ちなみに三筆とは,他に空海と橘逸勢。

古文書4件

伝教大師入唐牒

 最澄が遣唐使と共に中国に渡ったときの通行証明書。

天台法華宗年分縁起

 当時,朝廷に認められた正式の僧侶(年分度者)は年に10名。天台宗の創設を理由として12名に増員して欲しいと,最澄が朝廷に宛てて要望したもの。

羯磨金剛目録(かつまこんごうもくろく)

 最澄が唐から持ち帰った密教法具の目録書。

伝教大師将来目録

 最澄が唐から持ち帰った仏像や経典の目録書。

  ← 前の国宝再訪 次の国宝訪問 →
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
その他の国宝編 東日本ブロック 中部ブロック 京都・奈良ブロック 西日本ブロック
その他の国宝編
6ジャンル
絵画 工芸品(梵鐘・陶器類・その他) 書跡・典籍
古文書 考古資料 歴史資料
copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved