その他の国宝編 
国宝を訪ねて 
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
その他の国宝編 東日本ブロック 中部ブロック 京都・奈良ブロック 西日本ブロック
その他の国宝編
6ジャンル
絵画 工芸品(梵鐘・陶器類・その他) 書跡・典籍
古文書 考古資料 歴史資料
  ← 前の国宝再訪 次の国宝訪問 →

西光寺

山号・寺号 狐峯山西光寺
所在地 福岡市早良区内野
起点駅・目安時間 博多駅40分
経路 バス 
国宝建造物 なし
国宝仏 なし
その他の国宝 1 梵鐘
公開情報 鐘楼庫内保管
お薦め度

西光寺のこと

         

 浄土真宗の寺である。開祖したのは天海と呼ばれる僧であった。

工芸品1件・梵鐘

   


 本堂左手の少し高いところに鐘楼がある。
 鐘楼とは言ってもガラス張りの倉庫のような建物である。厳重に針金入りのガラスが回りを囲んでいて鐘楼の中に入るには,案内を請うことになる。しかし、小さな寺のことなので法事などがあると,頼むのがためらわれる。折しも、法事の真っ最中。ガラスに顔をこすりつければなんとか見えるので、そうすることに。じっくり見るには事前に都合を尋ねた方がよいようだ。
 
   
 寺伝によれば,日本国内で製作年次のわかる梵鐘の内,4番目に古いものとのこと。
 伯耆国(鳥取県米子市あたり)金石寺の鐘として作られたものが,戦国時代に一時山中鹿之助が陣鐘として用いたりして,その後島根県の多福寺に寄付される。明治に入りその寺が衰退した際,西光寺が購入した,とのこと。
移動が困難と思われる鐘も鳥取,島根,福岡と動いているようである。

 購入した鐘が今となれば、たまたま由緒のあるものだったのか、事情を知って購入したのか、そのあたりは不明。しかし、鐘は現存するものを購入するに限る。大金を支払い注文したが、音色がサッパリ、との可能性があるからだ。最近、筆者の近隣で鋳物の街富山県高岡に注文、購入した寺があるが、聞くに堪えない音色である。値段は聞いてはいないが、気の毒なほどの音色である。「ビヨーン、ビヨーン」としか聞こえない。

 

  ← 前の国宝再訪 次の国宝訪問 →
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
その他の国宝編 東日本ブロック 中部ブロック 京都・奈良ブロック 西日本ブロック
その他の国宝編
6ジャンル
絵画 工芸品(梵鐘・陶器類・その他) 書跡・典籍
古文書 考古資料 歴史資料
copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved