その他の国宝編 
国宝を訪ねて 
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
その他の国宝編 東日本ブロック 中部ブロック 京都・奈良ブロック 西日本ブロック
その他の国宝編
6ジャンル
絵画 工芸品(梵鐘・陶器類・その他) 書跡・典籍
古文書 考古資料 歴史資料
  ← 前の国宝再訪 次の国宝訪問 →

観世音寺

        

 手を当てて 鐘はたふとき 冷たさに
     爪叩き聴く そのかそけきを

長塚 節
山号・寺号 清水山普門院観世音寺
所在地 福岡県太宰府市
起点駅・目安時間 博多駅・1時間15分
経路 太宰府駅からバス・徒歩3分 
国宝建造物 なし
国宝仏 なし
その他の国宝 1  梵鐘 
公開情報 公開
お薦め度 ★★

観世音寺のこと

 九州随一の古刹である。
 飛鳥時代から平安,鎌倉時代にかけて九州でもっとも繁栄していた地,太宰府。かつてこの地に西の鎮護府として地名のもとともなった太宰府が置かれていた。しかし,都人からすれば辺境の地であることは否めない。
 太宰府に赴任することは,「流される」,あるいは「左遷」と同義の場合も沢山あった。
 都から遠く離れたこの地から望郷の念を強く抱いた役人は限りない。
 観世音寺は,そんな太宰府に隣接する高名な寺院であった。かつては,日本に3ヶ所しかない国立戒壇も置かれ繁栄を極めた時期もあった。しかし、現在は,寺域も狭く忘れ去られそうな風情である。
 歴史に興味がある者の他訪れる者もない。

都府楼はわずかに瓦の色を見る 観世音はただ鐘の声を聴く
菅原道真

 怒りの中でこの地太宰府に配流の身となった道真は,悲傷の想いの中で甍を見て,そして観世音寺の鐘の音を聞く。

   

工芸品1件

梵鐘

 妙心寺の鐘と兄弟鐘と呼ばれている。
 今では金網に囲まれ近づいたり触れることも出来ない。
 表題歌は,古美術品と評価が高くても特に狼藉者のために構えることのなかったおおらかな時代,大正時代の初め長塚節が療養のため九州に西下した時に詠んだもの。
 鐘を撞くのは躊躇われる,しかし、ヒンヤリとしたその鉄の肌には触れてみたい、そんな時人はキッと爪で音色を確かめる。
   

観世音寺 夕べの鐘に 花散れば 身も世も非ず 泣かまほしけれ 白蓮

 観世音寺の鐘ほど古来から歌に詠まれた鐘はないだろう。太宰府に住む,あるいはこの地を訪ねる歌人は,ことごとくこの鐘の音を詠む。
 福岡の石炭王に嫁いだが,満たされることの無かった明治の美しき女流歌人白蓮のたぎる思いは,今でも伝わる。
   

近くに・都府楼

    
 今は,太宰府政庁跡,と呼ばれている。しかし,都府楼(とふろう)の響きに優るものはない。そのオンに悠久の時を超えてその時代にまで身が引き込まれる。
 
 東京ドーム4個が入りそうな広大な敷地の中央に3柱の石碑が建っている。石碑はかつての繁栄と衰退をともに思い起こさせるの十分であるが,現在は,子供らの格好の遊び場,若い二人のピクニックコースとなっている。
 休日等は家族連れで,平日は小学生の遠足の目的地である。

  ← 前の国宝再訪 次の国宝訪問 →
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home
その他の国宝編 東日本ブロック 中部ブロック 京都・奈良ブロック 西日本ブロック
その他の国宝編
6ジャンル
絵画 工芸品(梵鐘・陶器類・その他) 書跡・典籍
古文書 考古資料 歴史資料
copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved