国宝を訪ねて 国宝建造物編19

安国寺

                            前の国宝再訪次の国宝訪問

山号・寺号 安国寺
所在地 岐阜県高山市国府町西門前
起点駅・目安時間 名古屋駅・1時間30分
経路・時間 JR高山線・飛騨国府駅・タクシー10分
国宝建造物 1 経蔵
国宝仏等 なし
その他の国宝 なし
お薦め度 ★★

飛騨の里

 盆地に開けた高山市やその周辺の町を囲む山並みは夏は緑,冬は雪を載せ四季折々美しい。
 安国寺は,そんな高山市を囲む山並みの北方中腹にある。
 安国寺からはのどかな田園風景が眺められる。
 

足利尊氏の建てた安国寺

 安国寺は,足利尊氏が後醍醐天皇をはじめ元弘の乱以降に戦死した者の供養のため全国66国2島に建てた安国寺の,現存する内の一つ。
 現存する安国寺は少ないが,その中でも広島の不動院(bP02)とともに2件の建物が国宝に指定されている。 

経蔵・輪転蔵

 経蔵とは文字通りお経を収める蔵である。
お釈迦様の教えを体系化したお経は,数え切れないほど有り,全部で万巻あるとも言われている。
 しかし,このように尊いお釈迦様の教えも,そんなに沢山あっては庶民には読むことはできない。そこで回転式のお経を収める書棚を作りそれを回すことによりそこに納められたお経を全て読んだことになるようにしたのが「転輪蔵」である。
 庶民にとって,まことに都合のよいものであり,あたかも「南無阿弥陀仏」と唱えてさえいれば浄土に迎えられる教えと同じようなものである。
 なお,経蔵内部の八角転輪蔵を見学するには,事前申請が必要である。

                            前の国宝再訪次の国宝訪問


国宝建造物編
8エリア  → 
関東・東北エリア 東海・北陸エリア 滋賀エリア 京都エリア
奈良エリア 大阪・和歌山・兵庫エリア 中国地方エリア 九州・四国エリア
国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home

copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved