国宝仏編№38

国宝を訪ねて

当麻寺

当麻寺案内

山号・山号 二上山当麻寺
所在地 奈良県葛城市当麻町
起点駅・目安時間 新幹線新大阪駅から1時間30分
経路 近鉄南大阪線当麻寺駅から徒歩15分
 国宝建造物 3 (国宝建造物編№83) 
国宝仏 弥勒仏坐像 1件1軀
その他の国宝 4 工芸品等(奥院を含む) (その他の国宝編№49
秘仏・公開 公開

当麻寺の国宝仏1件

仏像名 安置場所 備考
弥勒仏坐像 金堂 1軀

当麻寺の歴史

 二上山南東の山裾に天平の色香を残し静かにたたずむ寺です。
 むかしこの辺りを支配していた当麻氏の氏寺とされますが,現在では,中将姫伝説とそれにまつわる綴織当麻曼荼羅図及びボタンの寺として知られています。
 なお,この曼荼羅図は本堂の本尊です。

弥勒仏坐像

 本堂の少し手前の高い石の基壇の上に桁行五間,梁間四間の金堂が建っています。この堂の本尊が国宝弥勒仏坐像であり,金堂須弥壇の中央宣字座の上に結跏趺座して座っています。
 その両脇には多くの脇侍が所狭しと並び圧倒的迫力,というより威圧感を与えるほどの迫力で迎えてくれます。怖いような,有難いような不思議な雰囲気です。
 国宝弥勒仏坐像は,塑造の特性である量感を活かした造りになっていて,ことにまるまるとした張りのある顔や盛り上がる胸は重量感,立体感にとんでいます。しかし,塑造の弱点としての脆さのため螺髪の多くが剥落し,また臂から先等各所に後補がみられます。
 塑像の現存する最古の作品で,まごうかたなき白鳳仏の傑作の一つです。

← 前の国宝仏 次の国宝仏 →

国宝仏編4ゾーン 東日本ゾーン 京都ゾーン 奈良ゾーン 西日本ゾーン
様々な仏達 仏の特徴・見分け方 仏師とその時代 仏像の造られ方 秘仏巡礼

国宝を訪ねてTop 国宝建造物編Home 国宝仏編Home その他の国宝編Home 国宝情報Home

copyright. 2002. kokuhoworld .all rights reserved